0797-38-3155 0797-38-3155

阪急神戸線芦屋川駅南徒歩1分土日診療

menu

院長紹介

院長紹介
  • も診療

  • 阪急芦屋川駅
    徒歩1

  • 駐車場
    あります

院長 石田 敬祐

勤務医として働いていたのが芦屋でした。
この地域では、歯に対する意識も高く、必然的に入れ歯治療よりも、歯をきれいにしたい、白くしたいという方が多い印象です。
ご自身の歯で一生過ごすということを目標にされておられる方がメンテナンスで来院されるケースが多く、僕らもその目標の手助けができたらと思って開院しました。
芦屋はとても上品な街。
そんな街に合うように待合室は暖色の照明を使い、落ち着いた雰囲気にしました。
一方、診察室は芦屋川沿いの大きな窓を生かして、明るい雰囲気にしました。
診察台に座ると窓から季節ごとの景色が眺められ、桜の季節は特に喜ばれます。
もともとインテリアが好きで、内装は趣味が合いそうなデザイナーさんにお願いしましたが、CT室に入ると自動で点くライトは、自分でホームセンターで材料を買ってきました。

略歴

  • 2006年 朝日大学歯学部(旧岐阜歯科大)卒業
  • 2006年 朝日大学歯学部付属病院勤務
  • 2007年 兵庫県下 開業医勤務
  • 2011年 芦屋市 芦屋川デンタルクリニック開業

所属

  • 所属学会・研修会
  • 日本口腔インプラント学会
  • 日本歯科審美学会
  • ITIインプラントコース修了
  • カルシテックインプラントコース修了
  • 明日の臨床を考える会所属

プロフィール

私の両親は、公務員でしたが、祖父が医療機器を販売をしていたので、医療を身近に感じていました。
祖父にドライバーの使い方を教えてもらいながら、物を作ったり、組み立てたりするのが好きでした。
細かい手先の作業が必要な歯科の仕事をするようになったのは、そういった影響もあると思います。
でも実はもともと歯科医院は大嫌いでした。小学生時代は痛いのが怖くて、裸足で歯科医院から逃げ帰るほどでした。
そんな経験もあるので歯科を苦手と思う人の気持ちもわかった上で、治療にあたれているのではないかなと思います。

患者様への接し方でこころがけていることは?

「患者様一人一人を特別扱いする」ということは意識しています。
何を求めてここに来られたのかということを考え、そのニーズに応じた提案をするように心がけています。
要望をくみ取り、こういうこともできますよと提案ができたら、またさらに信頼関係も深まっていけるのではないでしょうか。
以前、歯が1本取れたことがきっかけで来られた方に、こんなことができると治療の提案をしたところ、気に入ってくださり、それ以来ずっと3ヵ月ごとに通い続けてくださっている方がいらっしゃいます。虫歯治療で来られた方でも、実はホワイトニングに興味がある方、歯並びをもう少し治したいという思いを持っておられる方もいます。
患者さんの希望に応じた対応を大切にして、満足して帰って貰えるようにしたいです。

患者様とのコミュニケーションは大切に考えております。
クリニックの仕事は私一人ではできません。
患者様に気持ちよく通っていただけるためにとても重要です。
そのため、スタッフが働きやすい雰囲気をつくることも大切にしています。
毎日朝礼で連絡事項を共有するほか、スタッフ一人ひとりに声掛けをするようにしています。
学生時代から続けてくれるスタッフや、出産で一度離れて戻ってきてくれたスタッフもいます。

得意としているのは根管治療で歯の根っこや神経の治療をしても改善がみられない場合には、歯根端切除という治療で抜歯を防ぐように努めています。
これは麻酔をして歯茎を開き、根っこの中の膿を
出して掃除する方法です。
そうすることで抜かなけれならな歯も保存をしていける場合が出てくるのです。
当院を開業してから根管治療をしていく中で、どうしても治らない症例が出てきたことがきっかけで、歯根端切除術に出会いました。
そこでこの治療を専門とする先生のもとに勉強をしに行って技術を学んでいったのです。
歯根端切除術に対応する歯科医院は多くはありませんが、特に当院に通われている患者様に既にセラミック治療を受けられている方が多くいらっしゃいます。
歯根切除術であれば、そのかぶせ物を壊さずに外側から治療をすることができるというメリットがあります。

小児歯科では、シーラントを取り入れています。
歯の細かい溝を覆う、むし歯の予防です。
ちょうど永久歯が生えだした6~7歳のタイミングでご紹介するようにしています。
また、乳歯の虫歯であれば生え変わりますので、無理やり治療しなくてもいいというのが私の考え方です。
自分自身が子どもの頃、歯科医院に対して苦手意識を持っていた経験もあり、無理に押さえつけて治療を進めても歯科医院に行くのが嫌になるだけだと思っています。
歯科医院が嫌いになってしまえば、将来、虫歯になっても歯科医院に行かなくてなってしまうという悪循環につながるかもしれません。
まずは歯磨きの仕方を教えたり、診療代のモニターでアニメを流したりお子様が歯科医院に通うことになれてもらってから治療に入っていきます。

開業したての頃は日曜日は診療してなかったのですが、休日しか歯科に来院できない患者様もいらっしゃるので日曜日の診療を始めました。
急患のほか、日曜日しか来られない方や、主婦の方でも旦那さんが休みの日曜日ならばお子さんをみてもらえるという方など多くいらっしゃると思います。
平日はお仕事で来られない患者様には、日曜日に予約を入れて、期間も短く治療を終えられるようにと、ご事情に合わせて対応することもございます。

アクセス案内

芦屋川デンタルクリニック

院長 石田 敬祐

〒659-0084
兵庫県芦屋市月若町8-4 月若ビル2階
阪急神戸線芦屋川駅南徒歩1分

契約駐車場19台あります。

TEL&FAX0797-38-3155